今回の『愛菓子案内人』は、ラムネの話です。

ラムネには口に入れるとすぐ溶けるやわらかいラムネと、タブレット菓子とも呼ばれる薬の錠剤のように固いラムネの二種類があります。

原料は同じですが、作り方で口溶けが変わるって知ってましたか?
さてさて、その製法とは?


これはいわゆる、打ち菓子と言いましてですね、

人間がラムネの機械をクッと絞める。
落雁と同じで人間が絞めるとラムネのゆるさになります。

これを機械で締める硬いのになります。

これは錠菓といいます。こっちは大手のメーカーさんが一杯作っていますよ。
フリスクとかですね。

あれ、ええかっこしてちょいちょいっと食べていますけども、実はラムネを食べているんですよ。

二種類のラムネ食感としてはこっちの(手で締めた)方が絶対やわらかい。

原料はグラニュー糖とコーンスターチと重曹なのでシュワシュワ感があります。
食べたら口の中で溶けます。

でもこいつ(固いラムネ)は口の中に入れても溶けません。
口の中に入れて溶けないラムネ、口の中に入れるとスッと溶けるラムネ。
口の中で溶ける方が絶対美味しい、と僕は思います。

人間が絞めてますんで絞め具合とかも熟練の技が要りますし。

私が知る限りでは名古屋のカクダイ製菓さんと、大阪の島田製菓さん、それから尼崎の岸田さん。
たぶんこの三社くらいしかないと僕は思うんですけどね。

手作業で締めたラムネ。
どれくらいの力で締めたらおいしくできあがるかが熟練の技なんですね。

熟練の職人がどんどん少なくなってきている今日この頃。

もしかしたら手締めのラムネ、近い将来食べられなくなってしまうかもしれません。

そう言えば、タブレット菓子の元祖「カルミン」が2015年3月末で生産終了になってしまいました。

大正10年(1921年)発売、ハッカ味のタブレット菓子で、水色の包装紙、赤・黄色の文字で「カルミン」と書かれたパッケージ、カルシウムが入っていることから「カルミン」の名がつけられた超ロングセラー商品でした。

「カルミン」と聞いて、味が思い浮かぶ方も少なくないと思います。

でも手締めのラムネはまだ間に合います!
本当においしいラムネで、貴店のお客様に感動を!

お問い合わせはこちらから!

菓子卸の正氣屋製菓では、日本各地を足で探して集めた地域限定菓子のみ、約800社30,000アイテム以上を取りそろえております。
地方菓子の専門卸としては、国内最大級の品ぞろえです。

日本全国どこでも営業マンがお伺いして、食品卸様、スーパー様、小売店様のさまざまなご要望に合わせてご提案をさせていただいております。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問

Q:取引開始までの流れを教えてください。
A:お問い合わせをいただいた後、各エリアの担当営業がメール・お電話などでご連絡させていただき、当月または翌月に御社にお伺いしてお取引条件やご提案を差し上げます。

Q:発注単位(ロット)はどのくらいから可能ですか?
A:ご発注は1商品200ピース(20入x10箱等)程度からでお願いしております。
 (The minimum lot you order is 200pieces)

Q:このお菓子がどこで販売されているか教えてください。
A:弊社は元卸でございまして、主に食品卸様を経由してスーパー様や小売店様に配荷されるため、大変申し訳ございませんが、どこで販売されているかについてはわからず、お答えすることができません。

Q:個人で購入はできますか?
A:弊社は個人様向けの販売は行っておりません。

会社名・屋号(必須)/Company name(required) /公司名称(必须)

ご担当者名 (必須) /your-name(required) /您的姓名(必须)

お電話番号(必須)/TEL (required) /电话(必须)

メールアドレス /Email /邮件

ご注文/order/订单ご相談/Consultation/ 次讯ご意見/Opinion/意见展示会に関して/Terms of exhibition/展会相关その他/Other/其他

お問い合わせ / comment/内容问询

入力確認OK?/check