重曹を使った昔ながらのかりんとうです。
現在販売されているかりんとうのほとんどは、イーストを使ったもので、
サクサクとした歯ごたえですが、
こちらは昔ながらのガリガリとしたかりんとう。

昔食べていたかりんとうが食べたい、という方に満足いただけると思います。

かりんとう仁義なき覇権争い

【愛菓子案内人チャンネル】


かりんとうには二種類あります。
ひとつはイーストを使ったもの、もうひとつは重曹を使ったかりんとうです。

イーストを使ったものは、二度揚げ、三度揚げをして火を通して、サクサクとした食感に仕上げていきます。

一方で、重曹を使ったものは、食感が固く、ガリガリとした食感があります。
食べたあとの後味はこちらのほうが舌に残る味で、これを食べて育った人は、こちらの味を好む人もいます。

現在では、イーストを使ったもののほうが主流になっていますが、昔ながらの味わいのカリントウのファンも多く、残しておきたいお菓子のひとつです。

私たちが作っています

製菓宮本