菓子卸 正気屋製菓 | お菓子の仕入れは正気屋におまかせください MASAKIYA CONFECTIONERY CO.,LTD Since1925

愛菓子案内人とは

  • HOME »
  • 愛菓子案内人とは

愛菓子(まながし)とは

愛菓子(まながし)とは、日本全国各地にある、地域の皆様に愛されてきたお菓子のこと。

派手なテレビ宣伝やマーケティングはしていないけれど、
地元の人たちの心や舌に想い出とともに記憶されてきたお菓子のことです。

全国に、いや世界に誇れる愛菓子たちに、もっともっとスポットを当てたい、
もっともっとお菓子を好きになっていただきたい。

お菓子を通して笑顔を広め、絆を深め、ご縁を深めていただきたい。
それが正氣屋製菓の経営理念でもあります。

そんな日本全国の愛菓子を、正氣屋製菓社長である安井栄一が、
「愛菓子案内人」として、ひとつひとつの魅力を語っています。

愛菓子マップ

金平糖の製造工場 金平糖の製造工場に行ってきました
金平糖ってなぜあんな形になっているんだろうと不思議に思われたことはありませんか? 原料はザラメと糖蜜。 まず、ごらんのような大きな釜(銅鑼・ドラ)を熱して、ザラメを入れていきます。 銅鑼はゆっくりと回転していて、ここに職人が糖蜜をかけていくとザラメを核として糖蜜がくるまっていきます。 ...
直炊きの飴 直炊きの飴の製造工場に行ってきました
...
飴の製造工場 飴の製造工場に行ってきました
飴の製造を行っている工場を見学させていただきました。 工程は手作業でやっていた頃と変わっていませんが、こだわりはそのままに機械化で均一な製品を作ることができるようになりました。 ...
日本に8社しかないポテチメーカーさん
ポテトチップを作っている会社は日本に8社しかないってご存知でしたか? そんな貴重な工場を訪ねてきました。 ...
阪急百貨店本店地下食品売り場 デパチカで大人気になったカステラ切り落とし
10月24日、某大手百貨店様本店の地下食品売り場で行われている「日替わり一品奉仕」という企画に参加させていただきました。 搬入されたカステラが倉庫にどおん!と積み上がり、 売れなかったらどうしよう・・と、うちの営業担当は心配顔でしたが、 ...
%e6%b2%96%e7%b8%84%e3%81%ae%e6%b5%b7 お菓子を探して~沖縄・宮古島・石垣島へ
観光ではありません。 沖縄のお取引先様やメーカー様への訪問、その合間に新しいお菓子、珍しいお菓子、知られざる沖縄のお菓子を求めて日夜飛び回っております。 ...
%e3%82%82%e3%82%8d%e3%81%93%e3%81%97 秋田名物「もろこし」
秋田名物「もろこし」は、打ち菓子、打菓子、干菓子などに分類される落雁(らくがん)の一種です。 「もろこし」と言うと「トウモロコシ(唐土)」を連想するのですが、 堅すぎず柔らかすぎず、小豆の風味と甘さが口の中でとけて広がっていくおいしいお菓子です。 ...
奉天 歯についても美味しい奉天~愛菓子案内人 VOL029
今回の『愛菓子案内人』は、奉天(ほうてん)というお菓子のお話です。 今回のお菓子はあんまり見られたことがないかもしれません。 奉天(ほうてん)と呼ばれるお菓子であります。 内側のこの茶色の部分はかりんとうであります。 小さい粒々の揚げ菓子、小麦粉を揚げたものをつくねてあります。 外側の白い部分、これは透明な水飴を引いて引いて空気を入れることによって段々と白くなってきます。色をつけたわけではありません。添加物は何も入っていません。 若干硬い外皮と、かりんとうのサクサク感のある内皮が渾然一体となって、飴の甘さとかりんとうのサクサク感が同時に味わえる。これを奉天と呼びます。 形状的には、こういう大きなものから、こういう細長いものから、小さく切ったものから様々あります。 白い飴の部分がちょっと歯に付くんですね。なのでそれをちょっと嫌がる人がおられますが、つくねたものというお菓子は、配合の方法でいろんな次なるステージができると思うので、まだまだ私は捨てたもんじゃないと思います。 奉天という名前を知らなくても、写真を見て「あ、これ昔 ...
ドイツラスク パパパッ! パパパッ! パパパッ!~愛菓子案内人 VOL028
今回の『愛菓子案内人』は、一枚一枚、熟練の技で手作りされているラスクのお話です。 今回はラスクというものをご紹介します。 ラスクという語源はそもそも「二度焼いたパン」という意味です。 このように表面に甘いクリームをのせて、日持ちがするようにしたもの、おいしい味付けをしたものをラスクと呼んでいます。 このラスクのすごさは表面に付いているクリームのこの薄さ、この均質さ。 これはね、作る現場を見たらびっくりします。 私はてっきり機械で塗っているものだとばっかり思っていました。 一枚一枚全部、女性の方が手で塗っておられます。 「パパパッ!パパパッ!パパパッ!」とやってるんですね。 これはですね、かなり熟練の技だと思っております。 ぜひ、おいしいパンとは別に、おやつとして二度焼いたパン、ラスクを試していただけたら・・と思います。 フランスパンを使うことが多いのでフランスのお菓子だと思われている方も多いのですが、もともとはドイツ発祥のZwieback ...
昆ベー 昆べー噛んで安全運転~愛菓子案内人 VOL027
今回の『愛菓子案内人』は、昆布のおやつのお話です。 今回は、昆布のお菓子を持ってきました。 食物繊維たっぷりの素材をいかした、東北もしくは北海道で採れた原料を使った昆布のおやつであります。 これは同じ昆布なんですけども、一旦昆布をふかして延ばして薄くしてソフトにして、昆布の硬すぎる食感をマイルドにしました。 こっちはもう食べちゃうと、口の中で噛み砕くという風な感じにせなあかんので、ちょっと食べづらいのは確かです。 ただし、それがいいと、この歯ごたえがいいという方もおられます。 ガムを噛むぐらいなら、こっちはそのまま呑み込めて、食物繊維にもなります、 眠気覚ましに車を運転しながらこっちを噛むことによってちょっと眠気がとんでいって、食物繊維も体に入るということで良さはあると思います。 昆布はユネスコ世界無形文化遺産に登録された和食に欠かせない「旨み」の代表格。 「旨み」が、甘味、酸味、塩味、苦味につづく第五の味覚「UMAMI」として世界に認められたのも耳新しいところです。 さて、昆布の産地と言えば、北海道や東北ですが、この「昆ベー」「とろベー」は広島のメーカーさんが作っておられます。 なぜ広島で昆布が?ということについて少し調べてみますと、日本の歴史と文化が見えてきます。 昆布は鎌倉時代から、北前船で敦賀や小浜に陸揚げされ、京都に入るようになります。 いわゆる「こんぶロード」の始まりで、京都の出汁文化や、加工品として佃煮やおぼろ昆布、とろろ昆布などが普及していきます。 江戸時代には、幕府が大阪に「箱(函)館産物会所」を設けて北海道の産物を集中させたことから、昆布の食文化も小倉から瀬戸内海を通って大阪へ荷を運ぶ西回り航路、あるいは琉球貿易の輸出品として九州、沖縄への航路に沿って独自の食文化が発達していきます。 広島は山陽道の要所で、この西回り航路の寄港地としても栄え、さらに酒処としても知られるように、昆布の味を引き出す良質な軟水が豊富にあったことで、広島、尾道を中心として、昆布をさまざまに加工する職人が多く集まって独自の昆布加工の文化を作り上げ、現在でも昆布加工を行う企業が多く存在しています。 今や日本の味として全国に定着している昆布ですが、現在でも昆布の消費量は沖縄が全国一位、昆布の佃煮の消費量は大阪の堺市が一位と、昆布文化が根強く残ります。 うどんや蕎麦の出汁が、関西では昆布の出汁が好まれ、関東ではカツオの出汁が好まれる点についても、関西以西に昆布が集中して関東には良質な昆布が出回らなかったことが、大きな要因となっていると言いますから、北前船の影響恐るべしですね。 お問い合わせはこちらから! 菓子卸の正氣屋製菓(まさきやせいか)では、日本各地を足で探して集めた地域限定菓子のみ、約800社30,000アイテム以上を取りそろえております。 地方菓子の専門卸としては、国内最大級の品ぞろえです。 日本全国どこでも営業マンがお伺いして、食品卸様、スーパー様、小売店様のさまざまなご要望に合わせてご提案をさせていただいております。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
026-02 後継ぎいませんか~愛菓子案内人 VOL026
今回の『愛菓子案内人』は、げんこつ飴のお話です。 げんこつあめの紹介をします。 げんこつあめは、はったい粉が1、きな粉が1、砂糖が1の割合で混ぜたもので、飴という名前が付いてますけども、ハイチュウのような食感の食べ物であります。 ほとんどの日本のメーカーが機械を使ってこのげんこつ飴というものをこのように棒状に延ばしております。 これは兵庫県の淡路島で作っております。 ここのメーカーだけだと私は思うんですれども、いまだに手作り。わーっと延ばして、延ばして、延ばして、延ばして、こういう棒状にします。 その棒状にしたものをなんと、はさみでパチ、パチ、パチ、パチ、パチ、パチ、パチ、パチ、パチとこう切っていくんですね。 決して大量生産できないけれども、手で締めたその食感っていうのは、決して機械では出せない本物のうまさがあります。 他のげんこつあめとは一線を画する食感をかもし出しております。ぜひ食べていただきたいと思います。 ただ、作っている方がですね、70歳を超えた方二人で作っておられます。 後継ぎが今育っていませんので、このままだとこのせっかくの無形文化財のような手締めのげんこつ飴が世の中から姿を消してしまいます。 製菓に携わる若者が弟子入りしていただきたいと思います。 このはったい粉というか、げんこつ飴を作るその技術を継承していただきたいと、そういう風に思います。 濃厚なきなこの風味が広がる、きなこ好きにはたまらない素朴で味わい深いお菓子です。 国内でも限られた地域で作られていて、ご存知のない方も多いと思いますが、飛騨地方、愛知の犬山では土地の名物として土産物や地元のスーパーにも並んでいます。 仙台にも「きなこねじり」という、いずれもきな粉と砂糖(水飴)を混ぜた製法のお菓子があります。 歴史は大変に古く、犬山では戦国時代から陣中食として作られていたという記録が残っていて、さらに遡ると、鎌倉時代から現在も葵祭などでも必ず供えられる「洲浜(すはま)」という和菓子にいきあたります。 これは大豆と青豆を煎って挽いた「州浜粉」に砂糖と水飴を加えて練ったものですが、これが各地の城下町を中心に広まっていったものと考えられています。 遠い記憶ですが、夏になると「麦茶、はったいこ~」という売り声で屋台を引いたおじさんが町を回っていて、その売り声を聞くと無性にはったい粉を食べたくなったものでした。 はったい粉に砂糖を入れて、冷たい麦茶で練って食べるというのは夏の風物詩でもありましたので、この淡路島のげんこつ飴にもはったい粉が入っているんですね。 ぜひ後世にもこのおいしさを残していってほしいです。 お問い合わせはこちらから! 菓子卸の正氣屋製菓(まさきやせいか)では、日本各地を足で探して集めた地域限定菓子のみ、約800社30,000アイテム以上を取りそろえております。 地方菓子の専門卸としては、国内最大級の品ぞろえです。 日本全国どこでも営業マンがお伺いして、食品卸様、スーパー様、小売店様のさまざまなご要望に合わせてご提案をさせていただいております。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
025-01 アジアの憧れ ヂーズソング~愛菓子案内人 VOL025
今回の『愛菓子案内人』は、アジアのお菓子のお話です。 今回はアジアのお菓子をいろいろご紹介します。 これ、カタカタが書いてあります。 えー!?「これ日本語で(向こうの人は)読まれへんやろ」と。 おまけに牛乳とか書いてあるけど、向こうの人は牛乳っていう言語がないですから、 誰が買うのか、日本人向けに買うんかなぁ思ったら、さにあらず、カルフールとかで売ってるんです。(つまり)向こうの人が買うんです。 「チーズリング」が「ヂーズソング」って書いてあります。 これは、「ツイン」と書きたいんやと思いますが、「ツイソ」と読んでしまう。 アジアの人たちは、特に日本のお菓子は大好きです。 中国で作ってる、インドネシアで作ってる、台湾で作ってる、でもあえて日本の言葉を入れましょう、それよってクオリティが上がると考えておられますし、日本のお菓子がいかに世界的に認められているかという憧れの表れです。 要は高級品というイメージで日本のお菓子は認められています。 日本では「国産」とあると安心しますね。 おいしさはもとより、品質や衛生的な環境で作られることなどへの安心感が非常に高く、メイドインジャパンは高い評価を受けています。 アジアでは日本のお菓子は高くて買えないというのもよく聞く話で、パッケージを真似た類似品も数多くあります。 丁寧に作られているものもありますが、そうでないものも多く、たとえば「ポッキー」の類似品などでは、食感がパサパサでチョコレートコーティングがパラパラと剥がれ落ちたりするものがあったりします。 私たちやメーカーさんがあたり前のように思っているお菓子の味や品質は、世界的に見ても非常に高度で緻密なものですので、もっともっと日本のお菓子を世界に広げて行きたいですね。 お問い合わせはこちらから! 正氣屋製菓(まさきやせいか)では、世界中の人たちに日本の高品質なお菓子をもっと気軽に食べてもらえるよう海外の展示会などにも積極的に出展して、海外のお取引先も増加しています。 お菓子メーカーのみなさま、ぜひみなさまが丹精込めてお作りになっているお菓子を日本中、世界中に販売していくお手伝いをさせてください。
黒棒 白黒はっきりさせてよ~愛菓子案内人 VOL024
今回の『愛菓子案内人』は、黒棒のお話です。 今回は黒棒というものをご紹介します。 黒棒というのは九州の久留米の近辺で有名になった地域限定的なお菓子です。 小麦粉をパンのように焼きまして、それに黒糖をドボンとつけて乾かしたものです。 黒糖じゃなくて白砂糖を使ったもので白棒と言われるものもあります。日本全国に今は並んでおります。 これ、食べたことないですか? ちっちゃい時、駄菓子屋さんに行った時、当てもんでしませんでした? (紙を)ピュっとめくるとね、「小」って書いてある…。そしたらこの大きさ(普通サイズ)の黒棒なんです。 「中」って書いてあったら、この倍の大きさのん(黒棒)が食べられるんです。 「大」って書いてあったら3倍のん(黒棒)が食べられるんです、同じ10円で。 僕は、当てもん菓子で最初に黒棒を認知しました。 黒棒っていったら当てもんです、と私は思ってるんですけどね。 それがこういうスッとしたアカ抜けしたような包装デザインになって全国ネットになってきたということは嬉しいことであります。 クロボウやるから泣き止めと 母の背中で泣き止んだ あの日の続きを今泣こう 黒棒恋し 母恋し 1976年に紺綬褒章を受章された洋画家、福岡県八女郡(筑後市)出身の井上三綱氏(1899~1981)の詩です。 昭和の中頃からは、駄菓子の代表格として全国的に普及してきましたので、詩にもあるように母親やおばあちゃんを思い出す、あるいは幼い頃の駄菓子屋の思い出というイメージが強いですが、地元では蜂蜜、抹茶などを混ぜ込んだ高級感のあるものもあり、お土産やギフトなどでも喜ばれています。 筑後地方では古くから小麦の栽培が盛んで、筑後川と矢部川の水流を利用して水車で小麦粉を作ることができたことから、独自の小麦粉文化が発達し、また、サトウキビも各家庭の庭などで栽培されていたことから、黒砂糖もごく身近な食材でした。 さらに南蛮から長崎経由で南蛮菓子の技術がもたらされ、家庭で作る身近なお菓子として、馬車引き羊羹(筑後地方)、切駒(佐賀地方)、げたんは(下駄歯 鹿児島地方)などと呼ばれて地元の味として愛されてきました。 ちなみに「黒棒」という呼び名は、明治天皇が明治40年にこの地に行幸された際に、このお菓子を献上したところ名前を聞かれ、方言では失礼にあたると、見た目のままに「黒棒」でございます、と答えたことから定着したと言われます。 お問い合わせはこちらから! 菓子卸の正氣屋製菓(まさきやせいか)では、日本各地を足で探して集めた地域限定菓子のみ、約800社30,000アイテム以上を取りそろえております。 地方菓子の専門卸としては、国内最大級の品ぞろえです。 日本全国どこでも営業マンがお伺いして、食品卸様、スーパー様、小売店様のさまざまなご要望に合わせてご提案をさせていただいております。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
023-01 シークワーサー果汁100% 裏庭でもいできます~愛菓子案内人 VOL023
今回の『愛菓子案内人』は、沖縄産シークワーサー果汁100%の飴のお話です。 沖縄の飴のメーカーさんで竹製菓さんという会社があります。沖縄の島の中では定番率は非常に高いです。 飴のメーカーさんは世の中にたくさんあり、差別化を図るのは難しいです。でもこのメーカーさんはすごく差別化を図っています。 シークワーサーはどういうものかご存知ですか。かぼすとか、すだちに似ていると思って下さい。 竹製菓さんのシークワーサー飴は、沖縄のシークワーサー100%です。 シークワーサーを裏山からもいできて搾汁し、それをビーカーに入れ飴の原料に落とし込み、それを冷やして球断機(きゅうだんき)で作っているという、ものすごい価値の高いものなのです。 沖縄のシークワーサージュースは台湾産である、中国産を使っているという評判が立ったので、私も沖縄ではシークワーサーは採れなくなったと思っていたんです。 ところが、竹製菓さんの裏山にはシークワーサーがたくさんなっていて、それをもいできて搾汁しているということでびっくりしました。 私はあんまりペロペロ舐めないんです。かじるんです。かじったほうが飴っておいしいんです。 もうちょっとデザイン面を練磨すればもっといい商品になると。 食べたらうまいですし、そんなの売ってないんですよ、よそには。 香料を使ったのはありますよ。 でも、沖縄で採れたシークワーサーが果汁として入っているシークワーサーの飴っていうのはないんです。たぶんこれだけだと思います。 シークーワーサーには天然クエン酸、ビタミンC、カロチン、ミネラルなどが豊富に含まれていて、美肌やダイエットにも効果があるということで、健康食品としても話題を集めています。 また、医療の分野でもシークーワーサーが飛び抜けた含有量を持つフラボノイドの一種「ノビレチン」が注目されています。 ひとつは琉球大学チームが発表したがんの抑制効果で、 「琉球大学教育学部の照屋俊明准教授と禹済泰(う・ぜて)琉大地域連携機構客員教授(沖縄リサーチセンター社長)、韓国のハンリム大学のユン・ジョンハン教授の研究チームが、シークヮーサーの皮に含まれる成分・ノビレチンが、がん細胞の成長を促進するとされる肥満状況下でも、がん細胞の成長と転移を抑える効果があることを発見した。」 ...
大福餅 世界シェア90% 日本の技術が菓子作りを支える~愛菓子案内人 VOL022
今回の『愛菓子案内人』は、世界シェア90%の包餡機メーカー、レオンさんのお話です。 現在おいしくて形の良い大福が気軽に手に入るのは、この包餡機メーカーさんの発明のおかげなのです。包餡機とはどのような機械なのでしょう。 これですね、大福。 表面がお餅で中にあんこが入っています。 宇都宮市にあるレオンという会社の「包餡機(ほうあんき)」と呼ばれる機械は世界シェア9割、106カ国に輸出されています。 包餡機というのがどんな機械かと言いますと、センターにあんこ、表面にお餅をかぶせている柱のようになっているものを考えてください。 レオンさんの機械で独特の斜めのカッターでスパッ、スパッと切っていきす。 今までは手作業で、お餅の中にあんこを入れて丸めていたものを、大体1分間に6~10個の割で切れていきます。 それは大福であったり、豚まんであったりと、センターにあんこのようなものが入るものであれば包餡機がすべてカバーできるということです。 均質化・スピード化がはかれた画期的な発明で、今や大福や豚まんなどが大量生産できるようになりました。 餡子の入った棒状の生地が、なぜ均一に包み込まれるのか、 社長の「スパッ、スパッ」ではよくわからないので動画を探してきました。 大福を作っているところです。 パン、クッキー、チョコレートなどなど、包み込むだけでなく模様の混ぜ込みや整形、オプションであらゆるものが作れるようです。 お菓子メーカーのみなさん、ご存知でしたか? お問い合わせはこちらから! 菓子卸の正氣屋製菓(まさきやせいか)では、日本各地を足で探して集めた地域限定菓子のみ、約800社30,000アイテム以上を取りそろえております。 地方菓子の専門卸としては、国内最大級の品ぞろえです。 日本全国どこでも営業マンがお伺いして、食品卸様、スーパー様、小売店様のさまざまなご要望に合わせてご提案をさせていただいております。
021-01 太閤秀吉が愛した炭酸せんべい~愛菓子案内人 VOL021
今回の『愛菓子案内人』は、“炭酸せんべい”のお話です。 “炭酸せんべい”という言葉は、関東の方にはなじみが薄いのではないかなと思います。 関西では有馬温泉のお土産として有名です。 米菓ではなく、小麦粉が原料なんですが型で押して焼くのでせんべいと呼ばれています。 直径10センチくらいの薄いせんべいなのですが、重曹を加えて焼くからシュワシュワする、 これが“炭酸せんべい”の由来なんです。 豊臣秀吉が小麦粉に有馬温泉の源泉を加えて焼かせたのが、有馬温泉の“炭酸せんべい”の発祥だと聞いております。 有馬温泉、宝塚温泉土産の定番、赤ちゃんから高齢者までどの年代の方からも好まれる炭酸せんべい。 小麦粉、砂糖、食塩少々に重曹と温泉の炭酸泉水を加えて、温泉の味を楽しむお菓子として関西では知らない人はいないように思います。 各地の温泉地でも同様のものがあり、 群馬県の磯部温泉では磯部せんべい、愛媛県の道後温泉の温泉煎餅、三重県の榊原温泉の七栗せんべい、長崎県の雲仙温泉では湯せんぺい、海外でもチェコのカルルスバードの温泉でカルルス煎餅(Lázeňská ...
020-03 日本の翼が広めたミント黒糖~愛菓子案内人 VOL020
今回の『愛菓子案内人』は沖縄の黒糖のお話です。 沖縄の黒糖のお話をします。 くるみ黒糖、ピーナツ黒糖、ミント黒糖、シークワーサー黒糖、ウコン黒糖、ブルーベリー黒糖など色々な黒糖があります。 ミント黒糖は、JALの機内で飴とともに配られていて、とても好評なんです。 那覇空港でもお土産としてかなり人気が高くてバンバン売れているようです。 でも、いわゆる純黒糖は、これらではありませんで、波照間や沖永良部島などの離島に行かないとありません。 純黒糖は、さとうきび本来のえぐみが残っていますので、そのままガリガリとかじるのは沖縄の人たちだけだと思います。 えぐみを感じさせないようにマイルドにするために、色々なバリエーションを付けて食べやすくしたのです。 僕は、純黒糖が好きですね。えぐさとともにガリガリとかじるのが美味いんです。 黒糖は、サトウキビの茎を絞った汁を、煮詰めて濃縮させたものを冷やして固めています。 地元では一般的な甘味料ですが、糖分の他に鉄分、カリウム、カルシウムなどの多くのミネラル成分を含んでいることから、国内では健康食品にも位置づけされていて、 近年の健康志向の盛り上がりとともに、食品、お菓子をはじめ、黒糖精を使った化粧品など、さまざまな商品が発売され、黒糖ブームになっています。 沖縄でしか手に入らないバリエーション豊かな黒糖。 沖縄の中でも離島でしか作られていない純黒糖。 黒糖商品をお探しの企業様、ぜひお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちらから! 菓子卸の正氣屋製菓(まさきやせいか)では、日本各地を足で探して集めた地域限定菓子のみ、約800社30,000アイテム以上を取りそろえております。 地方菓子の専門卸としては、国内最大級の品ぞろえです。 日本全国どこでも営業マンがお伺いして、食品卸様、スーパー様、小売店様のさまざまなご要望に合わせてご提案をさせていただいております。
前田のクラッカー 焼き釜がこんなに長いのも当たり前田のクラッカー~愛菓子案内人 VOL019
今回の『愛菓子案内人』は、 昔、「てなもんや三度笠」というのテレビ番組で、藤田まことさん扮するあんかけの時次郎が毎回、「俺がこんなに強いのも、当たり前田のクラッカー」という有名なセリフがありましたが、 これを作られてるのは、大阪・堺市の前田クラッカーさんです。 前田クラッカーさんは原料はもちろん良質なものを使っていますが、焼き方が独特なんです。 まっすぐな、50メートル以上のオーブンでないとクラッカーは焼けないのです。 50メートルず~~っと焼いてるわけですね。かなり長い間焼くのですけど、そうしないと独特のサクサク感が出ないのです。 クラッカーメーカーはこうした50メートルという長いオーブンを焼き器がいるので、日本では10社もないくらいです。 製造方法も独特で、その焼き方は企業秘密です。 さて「てなもんや三度笠」。 昭和37年(1962年)5月から昭和43年(1968年)3月まで、毎週日曜日の夕方6時からの30分番組として放送されました。 6年間の平均視聴率が関東で26.6%、関西で37.5%。最高視聴率は関東42.9%、関西64.8%と言いますから、国民の半分以上が見ていたということになります。 この番組、実は前田製菓さんが1社でスポンサーとなっていて、だからこそ番組内で「当たり前田のクラッカー」というセリフも使えたんです。 現在ではこういう一社だけが番組のスポンサーを務めるというのはあまり見られませんが、 「当たり前田のクラッカー」は広告業界などでも、今なお大成功を収めたコンテンツ型広告の例として取り上げられています。 主役のあんかけの時次郎を演じた藤田まことさんは、この番組が出世作となりました。 時次郎と一緒に旅をする僧侶、珍念は白木みのるさん。 後に香山武彦さん演じる大食らいの元力士、駒下駄茂兵衛の三人で、 「知恵は珍念、力は茂兵衛、顔の長いは時次郎」というのもありましたね。 名セリフと言えば、 斬られ役だった原哲男さんの「誰がカバやねん!」もこの番組から生まれています。 ルーキー新一さん演じる、丁稚ちょろ松の「いや~ん、いや~ん」、 舌で刀を舐め回す不気味な浪人、蛇口一角を演じた財津一郎さんの、「キビシィ~ッ!!」や「ちょ~だぁ~い!!」などは流行語になりました。 他にも京唄子・鳳啓助、柳家金語楼、茶川一郎、芦屋雁之助、里見浩太郎、水前寺清子、三波伸介、伊東四朗、横山やすし・西川きよしなどなど幅広いゲストや準レギュラー陣も見もので、、、 と、話が止まりませんね。 ともあれ、クラッカーと聞けば「あたり前田のクラッカー」という結びつきを日本人に根付かせた前田製菓さん。 さくさくした食感は高齢の方にも違和感なく美味しく味わってもらえる逸品です。 お問い合わせはこちらから! 菓子卸の正氣屋製菓(まさきやせいか)では、日本各地を足で探して集めた地域限定菓子のみ、約800社30,000アイテム以上を取りそろえております。 地方菓子の専門卸としては、国内最大級の品ぞろえです。 日本全国どこでも営業マンがお伺いして、食品卸様、スーパー様、小売店様のさまざまなご要望に合わせてご提案をさせていただいております。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
018-01 まるじゅん?~愛菓子案内人 VOL018
今回の『愛菓子案内人』は準チョコレート(まるじゅん)と呼んでいる生チョコレートのお話です。 高岡食品さんの生チョコ仕立てのチョコレート菓子です。非常に美味しゅうございます。 チョコの原料であるカカオをすりつぶしてミクロン単位ぐらいまでの粉状にし、油脂などを混ぜ入れて一昼夜練り続けるのです。 このように練ることによって、味がまろやかになります。 チョコレートには準チョコとチョコレートがあります。 準チョコのことを私たちは○準(まるじゅん)と呼んでいますが、中身の成分比率の差で、ココアバターが多い、カカオマスが多い、植物油脂が多いなど油分が多いと準チョコになります。 さて、チョレートの袋の開け方ちょっと見せますね。(袋の真ん中から)こう開けます。 みなさんこっち(端)から開ける人が多いんですが、こう開けてください。 置くとたまてばこみたいな状態になって、取り出しやすく食べやすいんです。 高岡食品さんとは長年お付き合いをさせていただいておりまして、 高岡食品さんのおいしいチョコレートを作るこだわりと卓越した技術、当社が90年の歴史と経験で培った「売れるお菓子」のノウハウを合わせて共同開発で作り上げたのが、生チョコ「ワッフルコーンチョコレート」です。 TV番組、関西テレビ「ワンダー」では「地方菓子メーカーの救世主」というキャッチフレーズで、地方菓子メーカーを活性化させる新しい取り組みとして紹介いただき、 何より「おいしい」と、大変ご好評いただいております。 プライベートブランド(PB)でお菓子売り場を差別化したいとお考えのバイヤー様、 ●こんなお菓子があったらいいのに ●こんなサイズのお菓子があったらいいのに ●こんな価格帯のお菓子があったらいいのに 日本には、おいしいお菓子を作っているメーカーさんが数多くあり、 おいしいお菓子、めずらしいお菓子は、ご来店されるお客様に大変喜ばれています。 この店にしか売っていないという商品を増やすことで、必ず御社店舗の固定客が増えていきます。 ぜひ正氣屋製菓(まさきやせいか)に、お店の活性化をお手伝いさせてください。 お問い合わせはこちらから! 菓子卸の正氣屋製菓(まさきやせいか)では、日本各地を足で探して集めた地域限定菓子のみ、約800社30,000アイテム以上を取りそろえております。 地方菓子の専門卸としては、国内最大級の品ぞろえです。 日本全国どこでも営業マンがお伺いして、食品卸様、スーパー様、小売店様のさまざまなご要望に合わせてご提案をさせていただいております。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
えびせん 愛知県にはえびせんがどえりゃー多い~愛菓子案内人 VOL017
今回の『愛菓子案内人』は、愛知県の“えびせん”のお話です。 これはえびせんべいであります。 愛知県の碧南市のあたりには、海老がよく捕れることから、特に「えびせん」を作っているメーカーが多くあります。 関東や関西ではそれほど多くの種類はありませんが、 愛知県(のスーパーなど)ではなんと「えびせん」だけで三尺(棚)1本、 なんとかえびせん、なんとかえびせん、なんとかえびせん、、、 そないようさんいらんやろと思うのですけど、いろんなメーカー、種類のえびせんが並んでいます。 「えびせん」は、海老をすりつぶして粉状にし、 ジャガイモのでんぷんと混ぜ合わせた、液体ではないさらさらの状態のものを鉄板に置いて、 上から鉄板でグッと締め、 バチバチバチバチッと、焼いてでき上がります。 じゃがいもと海老が見事に融合して、このように真っ平らなになってできたのが「えびせん」です。 地元の人もこのようなバリエーションのある“えびせん”が大好きです。 それぞれ贔屓のえびせんがあるようで、日頃からごく身近なおやつとして、地元の特産物として食べているんですね。 愛知県は、えびせんの生産量日本一、国内シェアなんと約95%。 中でもその国内シェアの70%近くが、映像でも紹介のあった碧南市と隣の西尾市の知多湾に接する地域で生産されています。 もうえびせんと言えば愛知県という感じです。 地元で捕れたクルマエビ科の「アカシャエビ」が主な原料で、 昔は大量に捕れすぎて使い道がなく中国などへ輸出していたそうですが、 明治時代中期にこのえびせんべいの製法が開発されてから生産が盛んに行われるようになり、現在では近海で捕れた分と一部輸入もして生産しているといいます。 「えびせん」が好きな人は日本全国にたくさんいます。 まだまだ発掘できていないえびせんも数多くありますので、 特に愛知県にお住まいの方、ぜひお気に入りのえびせんをご紹介ください。 お問い合わせはこちらから! 菓子卸の正氣屋製菓(まさきやせいか)では、日本各地を足で探して集めた地域限定菓子のみ、約800社30,000アイテム以上を取りそろえております。 地方菓子の専門卸としては、国内最大級の品ぞろえです。 日本全国どこでも営業マンがお伺いして、食品卸様、スーパー様、小売店様のさまざまなご要望に合わせてご提案をさせていただいております。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
たわわなばなな 安井(株) たわわなばなな 5本
発売以来15万袋の販売を記録している人気商品です。 独自開発の直火焼き焼成機と熱伝導の良いアルミ青銅金型を使用し、 短時間で一気に焼き上げる事で美味しさを閉じ込めました。 自家炊きバナナ入り白餡は、真空釜で炊き上げています。 まるでたわわに実ったばななのよう! ...
007-1おとめないちご 安井(株) おとめないちご 4本
しっとり長形ケーキに、鮮やかな赤色と大きくて甘い人気のいちご「とちおとめ」の濃縮クリームを入れました。 パンコーナーでの販売がおすめです。 安井株式会社 おとめないちご 内容量:4本 賞味期限:60日 入数:12×6 袋サイズ(タテ×ヨコ×高さ):205×150×25 JAN:4979307192120 ...
016-03 徳島に美味しい蒸し菓子がある~愛菓子案内人 VOL016
今回の『愛菓子案内人』は、蒸し菓子のお話です。 徳島の市岡製菓さんというところが作っています。 蒸し菓子で有名なのは、仙台の「萩の月」や「東京ばなな」などがありますが、自社で蒸し菓子を開発されました。 側と上とで二度蒸ししていて、クリームもしつこくなくあっさりしていますし、 二度蒸ししてますので、しっとりしていてたいへん食べやすいので、蒸し菓子ではこれをおすすめします。 これは今流行りの「黒ムーンカスタードケーキ」。新商品です。 この黒シリーズは、今ブームらしいですね。 服では黒が流行ったこともありましたが、お菓子ではこれまで黒いものが流行ったというのは記憶にないので、珍しいですね。 市岡製菓さんは「気に入った人が食べてくれればいい。気に入ってくれない人には売らないのだ!」と言われています。 当社は気に入っていただいているようです・・。 タレントのベッキー扮する”木部さん”が、黒い食べ物を好み、 真っ黒な「きべんとう」というのも実際に発売されて話題になりましたが、 東洋医学では『黒は腎に良し』と言われ、 黒い食べ物には不老延命の効果や、強精効果があると言われています。 昔からの食物では、黒ゴマ、黒豆、黒松の実、海藻など。 お菓子によく使われるものでいうと、黒糖や黒蜜、ドライフルーツなんかもそうですね。 食物繊維の働きでお通じが良くなったり、 黒砂糖や黒蜜、ココアやドライフルーツなどには、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分などのミネラルやアントシアニンが含まれていて、 美容・ダイエットに効果ありということで、特に若い女性を中心に注目が集まっています。 お問い合わせはこちらから! 菓子卸の正氣屋製菓(まさきやせいか)では、日本各地を足で探して集めた地域限定菓子のみ、約800社30,000アイテム以上を取りそろえております。 地方菓子の専門卸としては、国内最大級の品ぞろえです。 日本全国どこでも営業マンがお伺いして、食品卸様、スーパー様、小売店様のさまざまなご要望に合わせてご提案をさせていただいております。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
えび千鳥 安井(株) えび千鳥 52g・103g
浮もち(浮きあられ)と呼ばれる焼き米菓で、特殊な型に入れる独特の製法と熟練の技で、揚げ米菓のようなサックリとした食感に仕上がっています。 安井株式会社 えび千鳥 内容量:52g 賞味期限:120日 入数:20×2 袋サイズ(タテ×ヨコ×高さ)240×140×30(mm) JAN:4979307153237 ...
45-2浮柿 安井(株) 浮柿(うきがき) 52g・103g
生地に北海道産の黒豆をふんだんに練り込んでいます。 黒豆の香ばしさと甘辛醤油味をお楽しみください。 浮もち(浮きあられ)と呼ばれる焼き米菓で、特殊な型に入れる独特の製法と熟練の技で、揚げ米菓のようなサックリとした食感に仕上がっています。 安井株式会社 浮柿(うきがき) 内容量:52g 賞味期限:120日 入数:20×2 袋サイズ(タテ×ヨコ×高さ)240×140×30(mm) JAN:4979307153237 ...
44-2ごぼうあられ 安井(株) ごぼうあられ 52g・103g
生のごぼうをたっぷり練り込み、唐辛子のピリリとした刺激がやみつきになります。 浮もち(浮きあられ)と呼ばれる焼き米菓で、特殊な型に入れる独特の製法と熟練の技で、揚げ米菓のようなサックリとした食感に仕上がっています。 安井株式会社 ごぼうあられ 内容量:52g 賞味期限:120日 入数:20×2 袋サイズ(タテ×ヨコ×高さ)240×140×30(mm) JAN:4979307153237 ...
43-2梅柿 安井(株) 梅柿 52g・103g
やさしいすっぱさの紀州産の梅パウダーをふり掛けた、女性に人気の商品です。 浮もち(浮きあられ)と呼ばれる焼き米菓で、特殊な型に入れる独特の製法と熟練の技で、揚げ米菓のようなサックリとした食感に仕上がっています。 安井株式会社 梅柿 内容量:52g 賞味期限:120日 入数:20×2 袋サイズ(タテ×ヨコ×高さ)240×140×30(mm) JAN:4979307153213 参考上代:150円 安井株式会社 ソフト梅柿(江戸味噌) 内容量:103g 賞味期限:120日 入数:18×1 袋サイズ(タテ×ヨコ×高さ)270×170×30(mm) JAN:4979307153220 ...
朝炊き甘納豆 ずっしり、しっとり美味しい甘納豆~愛菓子案内人 VOL015
今回の『愛菓子案内人』は、甘納豆のお話です。 どこのお菓子売り場にも必ずある甘納豆ですが、一味も二味も違う「朝焚き納豆」をご紹介します。 おいしく作ったらこうなったというものです。 持った時の重さや食べた感じ、私は、この“朝焚き納豆”を大推薦いたします。 “朝焚き納豆”は、一個一個の豆に砂糖がグッとしっかり浸み込んでいます。 普通の焚き方だと、豆が砂糖を吸う力が弱く、豆が少し固めに仕上がってしまいます。 “朝焚き納豆”は、原料も吟味して焚き方に工夫をして豆自身が砂糖を吸っている量が多いので、しっとりしていて豆にボリューム感があるのです。 普通の甘納豆と比べるとボリュームはこんな差ですが、こちらのほうが重いんです。ずっしり感が違います。 抜群に売れてます! おいしいもん。 豆自身のボリューム感と、しっとりやわらかな味は、一度食べたら必ず気に入ってリピートしてもらえます。 本当に美味しいものを求めている方に必ず喜ばれる逸品です。 お問い合わせはこちらから! 菓子卸の正氣屋製菓(まさきやせいか)では、日本各地を足で探して集めた地域限定菓子のみ、約800社30,000アイテム以上を取りそろえております。 地方菓子の専門卸としては、国内最大級の品ぞろえです。 日本全国どこでも営業マンがお伺いして、食品卸様、スーパー様、小売店様のさまざまなご要望に合わせてご提案をさせていただいております。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
38-1えびせんミックス 安井(株) えびせんミックス 100g
えびせんべい、ごませんべい、のりせんべい、満月、ピンク満月、ごましょうゆの6種をミックスしました。 売り場で目立つパッケージデザイン、アルミ蒸着フィルムを使用しています。 100均商材としても人気の商品です。 安井株式会社 えびせんミックス 内容量:100g 賞味期限:90日 入数:20×1 袋サイズ(タテ×ヨコ×高さ)280×200×50(mm) JAN:4979307180714 ...
37-1桃と紫芋のブッセ 安井(株) 桃と紫芋のブッセ 18個
鹿児島産の新鮮な鶏卵を使用したふっくら生地に、甘さを抑えたピーチクリームと鹿児島産紫芋を使用したクリームをそれぞれサンドしました。 お茶うけにも合うピロ包装です。 安井株式会社 桃と紫芋のブッセ 内容量:18個 賞味期限:90日 入数:12×1 袋サイズ(タテ×ヨコ×高さ)320×240×50(mm) JAN:4979307160310 ...
49-1焼き抹茶まん 安井(株) 焼き抹茶まん 150g
抹茶の風味豊かなおまんじゅうです。 小人数にもぴったりピロ包装 抹茶味饅頭の両面焼きする事により味の香ばしさが増して、外側、内側の食感の違いを楽しめます。 安井株式会社 焼き抹茶まん 内容量:150g 賞味期限:60日 入数:15×1 袋サイズ(タテ×ヨコ×高さ)240×145×30(mm) JAN:4979307301126 ...
34-1なつかしのひとくちまんじゅう 安井(株) なつかしのひとくちまんじゅう 160g
ひと口サイズの「みるくまんじゅう」と「あずきまんじゅう」の2種類が入った一口饅頭の詰め合わせです。 懐かしふるさと菓子コーナーにお勧めです。 デイサービスや介護施設のおやつとしてもご好評いただいています。 安井株式会社 なつかしのひとくちまんじゅう 内容量:160g 賞味期限:120日 入数:12×1 袋サイズ(タテ×ヨコ×高さ)230×140×23(mm) JAN:4979307149117 参考上代:300円 私が開発しました ひと口サイズのまんじゅうはあまり市場になく、甘いものを少しだけ食べたいという方向けに開発しました。 お問い合わせはこちらから! この商品にご興味いただきましたら、下記フォームでお問い合わせください。 日本全国どこでも営業マンがお伺いして、弊社取り扱いの3万アイテムの地方限定菓子、オリジナル菓子から、御社に最適な商品をご提案いたします。 安井(株)オリジナルのお菓子(一覧はこちら)
32-1味あわせ-ゆずと生姜 安井(株) 味あわせ 13枚
長方形の薄焼き生姜味せんべい、ゆず味せんべいをピロ包装にして詰め合わせにしました。 ご年配の方も食べやすいように、サックリとした食感に仕上げました。 下地のクッキー生地は卵が効いています。 砂糖も甘さ控えめです。 安井株式会社 味あわせ 内容量:13枚 賞味期限:150日 入数:15×1 袋サイズ(タテ×ヨコ×高さ)270×180×30(mm) JAN:4979307001514 ...
33-1GOGOリンリンキャンディー 安井(株) GOGOリンリンキャンディ 1kg
コーラ、ソーダ、ストロベリー、メロン、レモンの5つの味が楽しめるキャンディ 1kg(160粒)の大容量でインパクト抜群。 合成着色料を使用していませんので、お子様にも安心してお召し上りいただけます。 安井株式会社 GOGOリンリンキャンデー 内容量:1kg 賞味期限:365日 入数:10×1 袋サイズ(タテ×ヨコ×高さ)340×220×50 JAN:4979307005918 ...
014-01 どんなに当たりが出てもお店は損しません~愛菓子案内人 VOL014
今回の『愛菓子案内人』は昔懐かしい駄菓子のお話です。 近所に駄菓子屋さんはありますか? 当たりが出たらもう一個!。 大変得した気分で、クジを引いたり包装紙をめくったり、わくわく楽しい思い出です。 さて、この当たりつきの駄菓子。 当たりがいっぱい出たらお店はその分損をしているのか、というお話です。 ...
013-01 長崎カステラは地域ブランドに登録されました~愛菓子案内人 VOL013
今回の『愛菓子案内人』は、“長崎カステラ”のお話です。有名な“長崎カステラ”はどのように作られているのでしょうか? “長崎カステラ”の作り方には2つの方法があります。 まず1つ目は、ベルトコンベヤーごと焼くというもの。 木枠に小麦粉と卵などの原料液を注ぎいれ、ベルトコンベヤーに載せた状態で焼いていきます。 これは、常に外気にさらされているので水分が飛びます。 一方、パンを焼くようにオーブンに入れて焼くというのがもう1つの方法です。 これだとしっとり感が高くなります。 有名なカステラメーカーの福砂屋さんのカステラはハイレベルできめが細かいです。 また、底にザラメが敷いてあるので重みも出てずっしりしているのが特徴です。 これまでは長崎で作られてなくても、“長崎カステラ”は市場に出回っていましたが、今年から地域ブランドとして登録されたので、これからは長崎で作ったカステラでないと“長崎カステラ”とはいえないことになるかもしれません。 高級なお菓子の代表格「カステラ」。 300~500円台のカットものから、一本2千円以上の高級品までさまざまありますが、安くてもしっとりとしておいしいものもあり、高くてもそれほど・・というものも少なくありません。 「長崎カステラ」の地域団体商標登録は、地域名産品の品質を守ることでブランド価値の向上を図る好事例としてマスコミなどでも話題になりました。 「長崎カステラ」と言えるのは長崎県菓子工業組合に認証登録されたものだけになり、認証制度に合格したメーカーには認証ポスターや商品に貼るシールを配布して、ニセモノ防止を進めているとのことです。 品質が一定以上でないと認証されず、「長崎カステラ」の名前を使ってはいけないということですので、購入する側も安心して選びやすくなりました。 長崎カステラの他にも「京あられ」「草加せんべい」「小城ようかん」などが登録され、地域ブランド化はどんどん進んでいます。 お問い合わせはこちらから! 菓子卸の正氣屋製菓(まさきやせいか)では、日本各地を足で探して集めた地域限定菓子のみ、約800社30,000アイテム以上を取りそろえております。 地方菓子の専門卸としては、国内最大級の品ぞろえです。 日本全国どこでも営業マンがお伺いして、食品卸様、スーパー様、小売店様のさまざまなご要望に合わせてご提案をさせていただいております。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
20-1かすてら三昧 安井(株) かすてら三昧 6個
国産小麦と山形産の鶏卵、宇治抹茶、国産さとうきびを使用、しっとりとした食感のカステラです。 蜂蜜、抹茶、黒糖の3種類。 個包装されています。 安井株式会社 かすてら三昧 内容量:6個 賞味期限:45日 入数:10×5 袋サイズ(タテ×ヨコ×高さ)210×90×65(mm) JAN:4979307535156 ...
19-1極旨クッキー 安井(株) 極旨クッキー 230g
メープル、バニラ、チョコの3つの味。 サクサク食感のお得なクッキーの詰め合わせです。 原材料には国産小麦を使用、コクと風味が豊かな植物性の発酵乳マーガリンでこんがりと焼き上げました。 極旨クッキー 内容量:230g 賞味期限:120日 入数:12×1 袋サイズ(タテ×ヨコ×高さ)250×180×60(mm) JAN:4979307486113 ...
18-1黒糖千切生姜 安井(株) 黒糖千切生姜 55g
高知県産の上質な生姜の砂糖漬けです。 持ち運び・保存に便利なアルミ袋・チャックタイプ。 あらゆるシーンで御利用頂けます。 フック穴がついているので陳列の幅も広がります。 高知は日本有数の生姜の産地。 日中は気温が高く、夜はギュッと冷え込む台地で育つ生姜は、生姜本来の旨味が濃縮されています。 四国では駄菓子として長く愛されてきた「生姜の砂糖漬け」 ピリッとした刺激と程良い甘さが絶妙です。 内容量:55g 賞味期限:365日 入数:20×6 袋サイズ(タテ×ヨコ×高さ)199×140×20(mm) JAN:4979307029112 ...
17-1白糖千切生姜 安井(株) 白糖千切生姜 55g
高知県産の上質な生姜の砂糖漬けです。 持ち運び・保存に便利なアルミ袋・チャックタイプ。 あらゆるシーンで御利用頂けます。 フック穴がついているので陳列の幅も広がります。 高知は日本有数の生姜の産地。 日中は気温が高く、夜はギュッと冷え込む台地で育つ生姜は、生姜本来の旨味が濃縮されています。 「生姜の砂糖漬け」は四国では駄菓子として長く愛されてきました。 ピリッとした刺激と程良い甘さが絶妙です。 内容量:55g 賞味期限:365日 入数:20×6 袋サイズ(タテ×ヨコ×高さ)199×140×20(mm) JAN:4979307029112 ...
16-1朝食はちみつケーキ9個 安井(株) 朝食はちみつケーキ 9個・20個
生地にハチミツを入れたしっとりしたパンケーキです。 朝食やおやつ感覚で食べていただける他、ケーキ生地などさまざまな用途にもお使いいただけます。 9個入りはファミリー向け、20個入は景品やノベルティなどでもご利用いただいております。 内容量:9個 賞味期限:60日 入数:10×6 袋サイズ(タテ×ヨコ×高さ)300×210×45(mm) JAN:4979307118212 ...
15-2どら焼き詰合せ12個 安井(株) 洋風どら焼き詰合せ 6個・12個
洋風どら焼きの詰め合わせです。 バタークリーム入どら焼、カスタードクリーム入どら焼、チョコレートクリーム入どら焼の3種類を詰め合せました。 3種類の味が一度に楽しめます。 ハチミツを練りこんだふぁふぁの生地と、洋風クリーム・餡子の絶妙なバランスをお楽しみください。 内容量:6個 賞味期限:45日 入数:8×1 袋サイズ(タテ×ヨコ×高さ)230×230×80(mm) JAN:4979307225156 ...
14-1チョコレートクリーム入どら焼 安井(株) チョコレートクリーム入どら焼
洋風どら焼きです。 ハチミツを練りこんだ生地に、チョコレートクリームと餡子との絶妙なバランス。 ふぁふぁとした食感が楽しめます。 内容量:1個 賞味期限:45日 入数:12×4 袋サイズ(タテ×ヨコ×高さ)145×120×25(mm) JAN:4979307225125 参考上代:80円 私が開発しました 洋風のどら焼きは店頭であまり見かけることはありませんが、餡子は洋風なクリームとも相性抜群なんです。 バタークリームどら焼きとカスタードクリームどら焼きが先にデビュー。 販売実績が好調なことから、みんな大好きなチョコレートを追加しました。 お問い合わせはこちらから! この商品にご興味いただきましたら、下記フォームでお問い合わせください。 PB・OEMのご相談も承っております。 菓子卸の正氣屋製菓(まさきやせいか)では、日本各地を足で探して集めた地域限定菓子のみ、約800社30,000アイテム以上を取りそろえております。 地方菓子の専門卸としては、国内最大級の品ぞろえです。 日本全国どこでも営業マンがお伺いして、食品卸様、スーパー様、小売店様のさまざまなご要望に合わせてご提案をさせていただいております。 ぜひお気軽にお問い合わせください。 安井(株)オリジナルのお菓子(一覧はこちら)
カスタードクリーム入どら焼 安井(株) カスタードクリーム入どら焼
洋風どら焼きです。 ハチミツを練りこんだ生地に、カスタードクリームと餡子との絶妙なバランス。 ふぁふぁとした食感が楽しめます。 内容量:1個 賞味期限:45日 入数:12×4 袋サイズ(タテ×ヨコ×高さ)145×120×25(mm) JAN:4979307225125 ...
012-1バタークリーム入りどら焼き 安井(株) バタークリーム入どら焼
洋風どら焼きです。 ハチミツを練りこんだ生地に、バタークリームと餡子の絶妙なバランス。 ふぁふぁとした食感が楽しめます。 内容量:1個 賞味期限:45日 入数:12×4 袋サイズ(タテ×ヨコ×高さ)145×120×25(mm) JAN:4979307225125 ...
010-1涼風餅 安井(株) 涼風餅 17個
三種の夏物の大福の詰め合わせです。 夏にあう塩わらび餅、黒糖わらび餅、塩豆餅のアソート商品です。 個包装の一口サイズ、6個・6個・5個の計17個入りです。 (生産最低ロット50ケース) 内容量:17個 賞味期限:90日 入数:12×1 袋サイズ(タテ×ヨコ×高さ)270×135×35(mm) JAN:4979307008438 ...
011-洋風餅 安井(株) 洋風餅 17個
洋風なお餅、三種の詰め合わせです。 いちご大福、プリン餅、きな粉クリーム餅の洋風セットです。 個包装の一口サイズ、6個・6個・5個の計17個入りです。 (生産最低ロット50ケース) 内容量:17個 賞味期限:90日 入数:12×1 袋サイズ(タテ×ヨコ×高さ)270×135×35(mm) JAN:4979307008445 ...
009-1収穫餅 安井(株) 収穫餅 17個
栗つぶ餅・ほくほく芋もち・ごまきなこ草もちの3種の大福が楽しめます。 個包装の一口サイズ、6個・6個・5個の計17個入りです。 (生産最低ロット50ケース) 内容量:17個 賞味期限:90日 入数:12×1 袋サイズ(タテ×ヨコ×高さ):270×135×35(mm) JAN:4979307008421 ...
008-1餅三昧 安井(株) 餅三昧 17個
人気のみたらしだんご、ごまきな粉草餅、ごまおはぎ餅が楽しめます! 一口サイズで食べ比べしやすく仕上げました。 (生産最低ロット50ケース) 17個の内訳は6・6・5で状況により5になる物は変化します。 内容量:17個 賞味期限:90日 入数:12×1 袋サイズ(タテ×ヨコ×高さ)270×135×35(mm) JAN:4979307008414 ...
006-1ハッピーローズプレーン 安井(株) ハッピーローズ プレーン・チョコ
しっとりとした個装のバウムクーヘンです。 製造技術と包装資材の工夫によって、賞味期限が90日と長い事も特徴で、OEM商品として、また、販促ノベルティーとしても御好評をいただいております。 プレーンハッピーローズ (生産最低ロット15ケース)   内容量:5個 賞味期限:90日 入数:16×1 袋サイズ(タテ×ヨコ×高さ):260×110×90 JAN:4979307166114 ...
004-1天使のほっぺ 安井(株) 天使のほっぺ チョコ・ミルク
天使のほっぺをイメージさせるようなやわらかな食感です。 ドーナツやワッフルのコーナーに置いてください。 ちょっとした手土産やおやつとして人気の商品です。 チョコ&ミルク天使のほっぺ ...
001なつかしの砂糖おかき 安井(株) なつかしの砂糖おかき 18枚
なつかしの砂糖おかき 国内産の餅米を主原料に、砂糖醤油を塗って焼き上げました。 サクッとした独特な食感のほんのり甘いお菓子です。 甘さ控えめで、米菓とは思えないふんわり、さっくり食感。たくさん食べられます。 参考上代:250円 原材料 アレルギー情報 商品スペック JAN:4979307008513 内容量 ...
そばぼうろ 京土産の定番はポルトガルからやってきた~愛菓子案内人 VOL012
今回の『愛菓子案内人』は、そばぼうろの話です。  ぼうろと聞いて、「乳ボーロ」「たまごボーロ」「ミルクボーロ」「衛生ボーロ」「ベビーボーロ」など、まん丸な小さな粒を想像される方も多いと思います。 サクッとした食感と口の中で溶けて広がるやわらかな甘さで、離乳食としても人気のお菓子ですね。 今回ご紹介するのはクッキーのように丸く平たい佐賀の「丸ぼうろ」、そして京土産の定番として知られ、花形が特徴的な「そばぼうろ」。 南蛮貿易で16世紀に日本に伝来したものが、銘菓として定着した元祖「ぼうろ」です。 これは京都でよく作られている「そばぼうろ」と言います そばぼうろの「ぼうろ」というのはポルトガル語で「お菓子」の意味です。 佐賀の「丸ぼうろ」というお菓子があるんですけれども、南蛮渡来で日本に伝来してきたとき、丸いポルトガルのお菓子ということで、丸ぼうろ。 それが京都に入ってそばぼうろ、となっております。 このそばぼうろっていうのは小麦粉と卵を型に入れて焼いております。 型も多分二つ位しかないと思います。大きな型と小さな型の二つですね。 味はそばぼうろ屋さんの中で若干の差はありますが、ほとんど同じと思って頂いても良いかと思います。 このそばぼうろメーカーさんはそばぼうろだけしか作っていません。 これだけでお菓子屋さんやっているんですよ? 他の例えばかりんとう屋さんは野菜かりんとう作ったり、白かりんとう作ったりで色々な試行錯誤しているのに。 そばぼうろ屋さんはそばぼうろだけ力を入れているという。 もう素晴らしいですよね。 まさに一球入魂の商品。 ひとつの味を守り続けるというのは、歴史と伝統の町 ...
二種類のラムネ ラムネはプレッシャーに強いがすぐ溶ける~愛菓子案内人 VOL011
今回の『愛菓子案内人』は、ラムネの話です。 ラムネには口に入れるとすぐ溶けるやわらかいラムネと、タブレット菓子とも呼ばれる薬の錠剤のように固いラムネの二種類があります。 原料は同じですが、作り方で口溶けが変わるって知ってましたか? さてさて、その製法とは? これはいわゆる、打ち菓子と言いましてですね、 人間がラムネの機械をクッと絞める。 落雁と同じで人間が絞めるとラムネのゆるさになります。 これを機械で締める硬いのになります。 これは錠菓といいます。こっちは大手のメーカーさんが一杯作っていますよ。 フリスクとかですね。 あれ、ええかっこしてちょいちょいっと食べていますけども、実はラムネを食べているんですよ。 食感としてはこっちの(手で締めた)方が絶対やわらかい。 原料はグラニュー糖とコーンスターチと重曹なのでシュワシュワ感があります。 食べたら口の中で溶けます。 でもこいつ(固いラムネ)は口の中に入れても溶けません。 口の中に入れて溶けないラムネ、口の中に入れるとスッと溶けるラムネ。 口の中で溶ける方が絶対美味しい、と僕は思います。 人間が絞めてますんで絞め具合とかも熟練の技が要りますし。 私が知る限りでは名古屋のカクダイ製菓さんと、大阪の島田製菓さん、それから尼崎の岸田さん。 たぶんこの三社くらいしかないと僕は思うんですけどね。 手作業で締めたラムネ。 どれくらいの力で締めたらおいしくできあがるかが熟練の技なんですね。 熟練の職人がどんどん少なくなってきている今日この頃。 もしかしたら手締めのラムネ、近い将来食べられなくなってしまうかもしれません。 そう言えば、タブレット菓子の元祖「カルミン」が2015年3月末で生産終了になってしまいました。 大正10年(1921年)発売、ハッカ味のタブレット菓子で、水色の包装紙、赤・黄色の文字で「カルミン」と書かれたパッケージ、カルシウムが入っていることから「カルミン」の名がつけられた超ロングセラー商品でした。 「カルミン」と聞いて、味が思い浮かぶ方も少なくないと思います。 でも手締めのラムネはまだ間に合います! 本当においしいラムネで、貴店のお客様に感動を! お問い合わせはこちらから! 菓子卸の正氣屋製菓では、日本各地を足で探して集めた地域限定菓子のみ、約800社30,000アイテム以上を取りそろえております。 地方菓子の専門卸としては、国内最大級の品ぞろえです。 日本全国どこでも営業マンがお伺いして、食品卸様、スーパー様、小売店様のさまざまなご要望に合わせてご提案をさせていただいております。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
010-01 天津甘栗とはなんぞや~愛菓子案内人 VOL010
今回の『愛菓子案内人』は、天津甘栗の話です。  ホクホクとした食感と、栗本来の自然の甘みで長年人気の商品。 硬い皮を自分で剥く焼き栗は、皮がクルリと剥けるのと剥けないのがあったり、手が黒くなってしまうのが難点ですが、現在は皮を剥いてあってそのまま食べれるものが主流になってきました。 天津甘栗の名前はよく知っていて、「中国の天津が産地だからじゃないの?」と思われている方が大半だと思いますが、実はそうではありません。 ものすごく大量の天津甘栗を製造するメーカーさん、どうやって皮を剥いているのか、どんな保存方法をしているのか、謎は深まります。 これは中国の剥き栗であります。産地は北京のあたり。 大体日本で言ったら秋田県くらいの緯度です。 それ位の緯度の北京から北もしくは東の山東省という所で採れます。 秋にイガイガになったときに収穫してイガを取ります。 これを炒った後、機械じゃなくて手で剥きます。 中国の女の人が700人くらいダァーと並んでいる所で全部手で剥いていきます。 で、今度は一旦冷凍していきます。 -20℃位で冷凍したやつを保存しておいて、少しずつ小出しにし、100℃で一回、110℃で一回、120℃で一回の三回煮沸しますので安心して食べられます。 剥き栗食べたら甘いでしょ? これは栗本来の持つ甘さだけなので、砂糖とか水あめとか一切添加しておりません。 本当の自然の甘みが出ている剥き栗であります。 天津甘栗とはなんぞや。 獲れるところは山東省でしたけど、山西省って所でも採れます。 天津港から日本に向いて出ているので天津甘栗という名前です。 優しい味わいが人気の天津甘栗。 中華街やお祭りの夜店で小石と一緒にぐるぐると回って炒られているのを見るとついつい買ってしまいますが、皮が剥かれているのは食べやすいので、食べだすと止まらなくなりますよね。 表面に水あめなどをまぶしているものもありますが、こちらの商品は人工的な甘みを一切加えていないので、小さなお子さんでも安心して食べることができ、性別や年齢を問わず、どなたにも愛されている商品です。 お問い合わせはこちらから! 菓子卸の正氣屋製菓では、日本各地を足で探して集めた地域限定菓子のみ、約800社30,000アイテム以上を取りそろえております。 地方限定の菓子専門卸としては、国内最大級の品ぞろえです。 海外のお菓子メーカー様、卸・販売店様とも取引を行っております。 日本全国どこでも営業マンがお伺いして、食品卸様、スーパー様、小売店様のさまざまなご要望に合わせてご提案をさせていただいておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。
ぶどうふぁふぁ 夏に元気なゼリー菓子~愛菓子案内人 VOL009
今回の『愛菓子案内人』は、ゼリー菓子のご紹介です。 特に夏場は、暑さで溶けてしまうお菓子もありますし、さわやかなゼリーが人気を集めます。 ゼリー菓子と一言でいっても原料が二種類あり、その素材によって味にも違いがあります。 ゼリーは炊いて出来ております。 水あめとか砂糖とか。これには寒天が入っています。 寒天は最近の流行でダイエット、お通じに良いと言われてますんでブレイクしていますね。 寒天というのは何が原料かご存知ですか? あれはですね、海藻なんですね。 天草(テングサ)という海藻から作っているのを寒天と言います。 もう一個、寒天以外で作ったゼリーがありましてペクチンを使ったゼリーがあります。 果皮なんです果物の皮。果物の皮から作ったゼリーをペクチンゼリーと言います。 で、天草から作ったゼリーを寒天ゼリーといいます。 ペクチンゼリーの方がすっぱいです。寒天ゼリーの方が甘いです。 夏に売れるお菓子が凄い少ないんです。チョコレートは直射日光にはすぐ溶けますし。 夏場に売れるお菓子で比較的市民権があるのはチューペットのような棒ジュースとゼリーと。 島根県のゼリー屋さんは夏場はゼリー中心で冬場はお饅頭作っています。 夏場に売れるゼリー菓子。 天草(テングサ)は、ご存じのように、心太(ところてん)や寒天の材料として使われ、奈良時代から食されています。 ペクチンは飲料、ジャム、フルーツソースなどの食品や化粧品・医薬品などの安定剤、増粘剤としても使われます。 いずれも食物繊維で、整腸作用やコレステロール低下作用があるとされ、映像にもある通りダイエットやお通じにも効果的です。 ペクチンゼリーと寒天ゼリー、プライスの横に素材や味の違いを添え書きして、お客様が自分の好みで選んでいただけるようにすると親切ですね。まごころ接客でお客様の心を掴んじゃいましょう♪ お問い合わせはこちらから! 菓子卸の正氣屋製菓では、日本各地を足で探して集めた地域限定菓子のみ、約800社30,000アイテム以上を取りそろえております。 地方限定の菓子専門卸としては、国内最大級の品ぞろえです。 日本全国どこでも営業マンがお伺いして、食品卸様、スーパー様、小売店様のさまざまなご要望に合わせてご提案をさせていただいておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。
サクマドロップス 缶ドロの作り方はさっぱりわからない~愛菓子案内人 VOL008
今回の『愛菓子案内人』は、缶ドロの話です。 ロングセラー商品として知られる缶入りドロップ。 どんな作り方をするかご存知ですか? これは飴です。サクマのドロップスという風に書いてれますけれども、実はサクマというメーカーさんは二つあります。 カタカナの「サクマ製菓」と漢字の「佐久間製菓」とあります。 そのカタカナのサクマ製菓さんと漢字の佐久間製菓さんは大変似ています。 両方ともドロップを作っている飴屋さんです。 ホタルの墓という映画があったと思います。もう涙むせぶ映画ですけれども、あのホタルの墓に出てきましたよね。サクマのドロップね。 それは「サクマの缶ドロ」と言うんです。 缶で入っているので非常に日持ちします。いつ食べても美味しい。 これはもうロングセラーであります。これはホタルの墓のころからありますんで昭和20年代からですね。 デザイン違いますよね?あれはレトロ缶と言いましてね、ホタルの墓にでてきたのは今でいう復刻版。 (いろいろ)でていますよね、デザインの復刻版。あれです。 昭和20年代の缶ドロっていうのは球断器というものを使って作る飴。 機関銃みたいな機械がありましてね、ダ・ダ・ダ・ダ・ダとうっていく様な作り方をする飴です。 水あめと砂糖を溶かして、冷やしてグルグルグルっと絞るような機械があってですね、それに放り込んでちゅ~っと細い棒状にするんです。 細い棒状に流してきたやつ、ベコベコベコとなったやつを上からコウすると球になるのわかります? ・・・これはね、三次元の世界の話ですけど。 懐かしさを感じられる缶ドロ。お子さんからお年寄りまで幅広い世代の方に愛されています。 明治から昭和初期あたりの建築物が残っている横浜や神戸などでは、缶にレトロなイラストなどを入れたドロップがお土産として人気を集めています。 古い町並みなどが残っている地域や地元の特産品を活かしたオリジナルの缶入りドロップを作るというのはおもしろい取り組みですね。 正氣屋製菓では、各メーカーさんと協力してオリジナルなお菓子、プライベートブランド(PB)のお菓子をご提供することが可能です。 下記フォームよりお気軽にお問いあわせください。 さて、蛇足ながら球断器。 映像の説明でわかります?  昔ながらの球断器は、お団子屋さんの厨房などで見かけることもあります。下の映像は団子屋さんのものですけど、長く伸ばした素材を一挙に一定の大きさに切って丸めることができるすぐれものです。 お問い合わせはこちらから! 正氣屋製菓では、日本国中を足で探した3万アイテムの地方菓子を取り扱っております。 オリジナルのお菓子、PB(プライベートプランド)のお菓子のご相談も承っております。 日本全国どこでも営業マンがお伺いして、ご提案をさせていただいておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。
007-1 背伸びしたい子どものココアシガレット~愛菓子案内人 VOL007
今回の『愛菓子案内人』は、駄菓子の定番、ココアシガレットとミニコーラです。 駄菓子屋さんはもちろん、スーパー、コンビニなどでも見かけますね。 駄菓子でございます。メーカー名はオリオンと言います。 大阪市内のメーカーで地下鉄の梅田駅にはガラスのショーウィンドウがありまして、そこにオリオンさんのスペースが一つ。もう長い事確保されております。 ココアシガレット。これは小さな頃にちょっといきがって大人が煙草吸っているのをみて、俺もちょっと煙草みたいな物吸ってみたい。 まぁ吸えんけど、食べてみたいっていう背伸びする子供をくすぐるお菓子でございます。 これ全然煙草ではないんですけど、また、絵柄だと煙草みたいに茶色の所があるんですけど、実際中は真っ白けですわ。 煙草のように見せているだけですね。 ココアシガレットの他にもオレンジシガレットとかコーラシガレットですとかですね、姉妹品もあります。 それと同じメーカーで皆さんご存知のこれ、ミニコーラと呼ばれるものです。 これもオリオンさんが作っています。 このミニコーラもお土産屋さんでこれ位の(4リットルペットボトル位)のもあったりします。 ココアシガレットもこんな大きいのがあったりします。 中身は小さいのが30個入っているとかそんな世界ですけどね。 このミニコーラに関して言えばミニサワーとかミニレモンとかミニオレンジとか言うのも沢山あります。 子供の時には皆さん一回は食したことはあるんじゃないかな、と。 駄菓子屋さんに今でも置いています。スーパーにも置いています。 TV宣伝してへんけど店頭率の高いお菓子であります。 懐かしい大人のために作っているのではなくて、子供は子供でこういったのが好きなようですね。 駄菓子の定番だと思います。 子供が好きなお菓子として人気があるココアシガレットとミニコーラ。 お小遣いをにぎりしめて通った駄菓子屋さんも今は少なくなりましたが、ショッピングモールの中で営業されているところなどでは老若男女でにぎわっています。 スーパーなどでは親に連れられて来た子供が「これ買って」とおねだりをする場面も。 子供はこういうお菓子がホントに好きですね。 お問い合わせはこちらから! 正氣屋製菓では、日本国中を足で探した3万アイテムの地方菓子を取り扱っております。 5円の駄菓子から3,000円の高級菓子まで、賞味期限は2週間から1年以上と多岐にわたります。 日本全国とこでも営業マンがお伺いして、さまざまなご要望に合わせて売場のご提案をさせていただいておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。
満月ポン 満月ポンと黒糖麩菓子 東西交流の壁は厚い』~愛菓子案内人 VOL006
今回の『愛菓子案内人』は、関東と関西でお菓子の知名度がまるで違うというお話です。 地域によって味の好みの違いはありますが、人の行き来も盛んな東京と大阪で、ここまで明確に知名度が別れてしまうのも珍しいのではないでしょうか。 満月ポンの紹介をします。 これは関東の方はご存じないかもしれませんね。関西の人は100人中100人知っていると思います。関東の方ごめんなさい。 これは実は関東では売れてないんです。関西では馬鹿売れなんです。 セブンイレブンでもローソンでも置いています。 機械でポン・ポン・ポン・ポンっと作られるので満月ポンって名前になっとる訳ですね。 味は見た目の通りしょうゆ味です。 大きさは普通のクッキー位の大きさですけれども、もっと大きい手のひら大くらいのが縦に並んで巾着になっているものがあります。 実はこの満月ポンを作っているメーカーはこれしか作っていません! 西の満月ポン、東の黒糖麩菓子とこれは東西横綱でね、 満月ポンが東京で売れない。黒糖麩菓子が大阪で売れない。 歌手のaikoちゃんが大阪の子で、あの子がコレ好きやから関東持って行って食べて~って言ったけど、まぁ売れなかったですね。 最後のaikoさんの話で「売れなかった」というのは、「みんながあまり喜んで食べてくれなかった」という意味です。 関西では料理などが不人気で余っていると「あまり売れないねぇ」などと言います。 商人の町ならではの言い回しですかね。 関東で圧倒的知名度を誇る黒糖麩菓子も、関西で圧倒的知名度を誇る満月ポンも他所へ行くと知名度がないんですね。 小さな頃から慣れ親しんできた料理が、他所に行くと全く食べたことがないと言われることもよくあります。 郷土料理と同じで、お菓子もその土地によって育まれてきたものが非常に多くあり、観光地などでも昔ながらのお菓子や、最近では地元の産物や特徴を活かして独自に開発されたお菓子が人気を集めています。 お土産に地方のお菓子は珍しがられ、喜ばれますよね。 慣れ親しんだお菓子とめずらしいお菓子、一緒に売場に並べてみてください! お問い合わせはこちらから! 正氣屋製菓では、日本国中を足で探した3万アイテムの地方菓子を取り扱っておりますが、まだまだ地方に埋もれているおいしいお菓子はたくさんあり、新たな発見の毎日です。 お菓子メーカー様、スーパー・小売店様、そして、心を込めてお菓子をお作りになっているメーカー様、ぜひお気軽にご相談ください。 当社の営業マンは、まだまだ知られていないおいしいお菓子を求めて、常に日本全国を飛び回っております。 どこでも直接お伺いしてご商談させていただきます。
ボンタンアメ CMなしで全国区 ボンタン飴と都こんぶ~愛菓子案内人 VOL005
TVCMをしていないのに、全国区の知名度を誇るお菓子があります。 皆さんもよくご存知のあのお菓子です。 けれども、製造しているメーカーの名前が浮かぶ方は少ないと思います。 今回はこの全国的な知名度を誇る二つのお菓子をご紹介します。 TV宣伝しているメーカーさん多いですよね。 ロッテさん、グリコさん、森永さん、亀田さん、カルビーさん、不二家さん、明治さん・・ 色々ありますね。 「ボンタンアメ」って知っていますね? さて、メーカー名はなんでしょう? 分かりませんよね。 これね、セイカ食品さんっていいます。 TV宣伝してへんけども、ボンタンアメ知らないって人は少ないと思います。 実はもう一個TV宣伝してへんけど、スーパー、ディスカウント、100均ショップ、キヨスク、店頭率がほぼ100%というお菓子があります。ボンタンアメ以外に。 長野物産の「都こんぶ」というやつです。 都こんぶもTV宣伝ひとつもしてへんけども、皆知っている。 ボンタンアメもしてへんけど、みんな知ってる。 その二品が店頭率ほぼ100%。 味がボンタンアメしかアカンって感じで類似品がちょこちょこでたのですけど駆逐されまして、今はこれしか残っていません。 これは飴と言うよりは餅菓子ですね。食べたときにやわらかぁい感じがします。 飴というのは硬いものでペチャペチャとなめるもんだと思うんですけれども、これは飴というよりお餅菓子ですね。柔らかい食感です。 ボンタンを用いて餅菓子を作ったっていう新規性が皆に認知されたと。 あとは類似品作ったけど味が勝てなかったと。 ボンタンアメと都こんぶは、類似品がありましたが、味で勝てなかった。 その為オンリーワンになり全国区で高いシェアを誇るようになったのです。 全国区ではないですけれども、地域で昔から愛されていて、 このメーカーのこれでないとダメなのだというオンリーワンのお菓子は全国にたくさんあります。 これを食べると母親を思い出す。親父を思い出す。 これを食べると実家に帰ってきたなぁという実感が沸く。 そういうお菓子はリピート率が高く、また、他店で扱っていないめずらしいお菓子は、来店促進の一助としても活用いただけます。 お問い合わせはこちらから! 正氣屋製菓の営業マンが、日本国中を足で探した3万アイテムの地方菓子、そのひとつひとつがそれぞれの地域で長く愛されてきたお菓子です。 お菓子メーカー様、スーパー・小売店様、ぜひお気軽にご相談ください。 全国どこでも直接お伺いして、御社のニーズに合う愛菓子をご提案させていただきます!
004-02 かりんとう仁義なき覇権争い~愛菓子案内人 VOL004
今回の愛菓子案内人は、かりんとうのお話です。 昔ながらのおなじみの味ですが、かりんとうに種類が二つあるってご存知ですか? かりんとうというのは、製造工程として揚げてあります。 このかりんとうは原料にイーストを使っています。 イーストというのは、パンと同じなんですね。 しばらく原料を寝かしておいて、ふくらんできたものを油で揚げます。 油で揚げる時に、一回だけだと中まで火が通らないので、二度揚げ、三度揚げという工程をとって、中はサクサク、スナックのようなやわらかい感じに出来あがります。 一方で、重曹を使ったものもありまして、昔ながらの硬い歯ざわりのかりんとうになります。 出会うことは稀、出会えないと言っても過言ではないと思います。 この重曹を使ったかりんとうは、食感はイーストを使ったものと違って硬いです。 ただし、昔ながらのかりんとうの、このガリガリ感が好きな人もたくさんおられます。 食べた感じの後味は、重曹を使ったほうがグッと口の中に残ります。 スナックが流行ってますので、どうしても重曹のほうは人気がないんですけども、ちゃんと生き残っております。 子供の頃からこのガリガリとしたかりんとうで育ったという(メーカーの)職人のおっちゃんは、頑なにイーストの方にいかないで(イーストでの製造に切り替えないで)ずっと重曹を揚げ続けています。 イーストを使ってかりんとうを作ったほうが世の中のニーズに合っていますので、そちらのほうに製造を切り替えるところが多くなり、重曹を使って作るかりんとう屋さんは少なくなっていますが、少数派でも作り続けていただきたいと思います。 最近のかりんとうはやわらかくって、なんだか物足りないと思われていた方、 お店に並んでいるほぼ100%のかりんとうは、イーストで作られたものだったんですね。 子供の頃から慣れ親しんだ重曹のかりんとう。 これでないとダメだというお客様がいて、これしか作らないと言うメーカーさんがいて、 やわらかスナック全盛の時代にも流されずに元気に残っています。 「昔ながらのガリガリかりんとう」のようなPOPをつけていただきますと、 年配の方が懐かしんでご購入いただけたり、若い方も珍しがってご購入いただき、一旦こちらが気に入れば、これでないと食べた気がしないというファンがついてきます。 店頭にはほぼ並んでいませんので、インターネットで購入される方を中心にじわじわと人気が高まってきています。 お問い合わせはこちらから! ガリガリとした昔ながらの食感の重曹を使ったかりんとう、 サクサクとスナック感覚で食べやすい人気のかりんとうにご興味いただきましたら、 ぜひお気軽にお問い合わせください。 正氣屋製菓の営業マンは、日本全国のお菓子メーカー様、スーパー・小売店様に直接お伺いして、当社取り扱い3万アイテムのご紹介や、オリジナルのお菓子のご相談を含め、さまざまなご提案をさせていただいております。
003-01 『おかきとおせんべいの違いを知っていますか』~愛菓子案内人 VOL003
今回の『愛菓子案内人』は、おかきとおせんべいの話です。 さて、おやつやおつまみに定番の米菓、おかきとおせんべいはなにが違うのでしょうか? これは米菓です。お米の菓子と書きます。 こっちは「おせんべい」っていうんです。こっちは「おかき」っていいます。 その差はなんでしょうか? 原料の米の差です。 おせんべいはうるち米で作ります。 おかきはもち米で作ります。 食べた食感も違います。 米どころの新潟が一番の産地ですね。 あとは福井県とか栃木、群馬なんかの新潟に隣接している県。 むこうには米菓屋さんがすんごく多くて、スーパーなんかに行くと関西のスーパーの棚取りの三倍くらいの米菓が並んでいます。 それくらいたくさん、新潟、福井、北関東には米菓屋さんが群生しています。 草加せんべいっていうのは埼玉県草加市の近所で作り始めたおせんべいで、ご存知のように硬いです。とても食感が硬い。 下手したら歯が割れるような硬さですけれども、むこうの方々はそれが大好きですね。 愛知県の海側にはえびせん屋さん。これも山ほどあります。 同じ現象が東北の南部せんべい。 これはほとんど関西では見かけないんですけども東北行ったら南部せんべいだけで、ゴマ南部せんべいとか明太子南部せんべいとか、海苔南部せんべいとか。 三尺一本全部南部せんべい! 愛知県行くと全部えびせんべい! そんなにぎょうさん米菓いるか~?といつも思うのですけどね。 でもそれで納得してはるみたいです。 さすがは米どころの新潟。年間66万トン、国内一の生産量を誇りますから、おかきやおせんべいの原料には事欠きません。 ちなみに二位は北海道で63万トン。三位は秋田の53万トン。山形、茨城、宮城、福島と東北・北関東に集中します。 三尺棚一本使ってずらっと並べられるおせんべい、種類も味も多種多彩です。  地域によって人気の米菓が異なるというのもそれぞれの土地の特徴や文化が感じられて興味深いですね。 おかきは古くは「お欠き」で、お餅を欠いて焼いたり油で揚げたりしたものでした。 豊臣秀吉は「なまこ餅」と言われる、平たく棒状にした餅を切って火であぶった「かき餅」が大好物で、いつも身近に置いて間食として食べていたそうです。 せんべいは、飛鳥時代に中国から伝わってきものが最初と言われていますが、水と小麦粉を練って焼いたものと言いますから、かなり趣が違います。 現在のせんべいの製法を定着させたのは、埼玉県の草加と言われています。 保存食として、長旅の食料として作られていたのがはじまりです。 地方で定着していて愛されている米菓。 最近では、中国や韓国のお客様が日本のお土産として大量に購入される例も見られる人気商品になっています。 お問い合わせはこちらから! 地域で愛されてきた ...
最中 『口の中でくっつく最中とくっつかない最中がある』~愛菓子案内人 VOL002
今回の『愛菓子案内人』は、最中屋さんの話です。 最中を食べると、口の中に皮がくっついてしまいますよね。 それが最中の風味のうちだと思ってらっしゃる方も多いと思いますが、実は皮(最中種)と餡子の水分比率によって、くっつくかくっつかないかが決まるんです。 さて、口の中にくっつかない最中、どうやって作っているのでしょうか。 最中といえば、食べたときに上顎に引っ付くと思うのですが、あれが何か分かります? 最中は外側を僕たちは「最中種(もなかだね)」と呼んでいます。最中種を作っている業者さんは専門でおられるんです。 最中屋さんは最中の餡子は自分の所で作っているのですけれども、最中種は最中種屋さんから買っているんです。 最中種屋さんから最中種だけ買って、自分の所で餡子を充填して、それを最中として作っているのですね。 それを食べると、最中種屋さんから買った種ですからだいぶ乾燥しています。 そこに熱い餡子を入れると最中種の水分比率と餡子の水分比率が違うので食べた時に上顎に引っ付くのです。 そういう最中が大体日本の九割。ですから皆さん最中っていうのは食べたら上顎に引っ付くと思っているでしょ? でも引っ付かない最中もあるのですよ。 それは最中屋さんの中で最中種を買わないで自分の所で最中種を焼いて、自分の所で餡子を炊いて、で充填すると最中種と餡子の水分比率が一緒なので、食べた時に上顎に引っ付かないでクシャっと口の中に入ります。 でもねぇ、美味しい美味しゅうないは人それぞれの主観によるものなんでね、一概には言えませんね。 確かに中の餡に最中屋さんのこだわりが詰まってますので、美味しいか美味しくないかという感じ方は人それぞれですが、 日本の九割の最中屋さんが、最中種屋さんから買っているというのも、最中種だけを専門で作っている業者さんがいるというのも驚きで、最中種というのはそれだけ手間がかかるということなんでしようね。 そして、餡にも最中種にもこだわりを持って作っておられる 「口の中でくっつかない最中」 お客さまに「口にくっつかないんです!」とご提案をしていただきますと、結構めずらしがられますよ。 お問い合わせはこちらから! 本商品にご興味いただきましたら、お気軽にお問い合わせください。 当社営業マンは日本全国のお菓子メーカー様、スーパー・小売店様に直接お伺いして、OEM・プライベートブランドなどのご相談を含め、さまざまなご提案をさせていただいております。
DSC_1167 パンの賞味期限が60日! 循環備蓄で災害時にも安心のロングライフパン
カンパンの話ではありません。 あんぱん、ジャムパン、メロンパンなどの菓子パンや、 カレーパン、ソースカツパンなどみんなが大好きなパン約20種類が、 60日経ってもおいしく食べられるという「ロングライフパン」のお話です。 私、工場へ訪問させていただまして、普通のパンがなぜ60日ももつのか、 その秘密をお聞きしてきました。 決め手はイタリアの自然発酵種『パネトーネ』 パネトーネ種とは、イタリア北部で数百年受け継がれている自然発酵の天然酵母。 植物性乳酸菌と耐酸性の酵母が共生するめずらしい種です。 パンを日持ちさせるには、生地の水分量を減らして糖分や油分で補うといった手法を使うのですが、 普通のイースト種では、しっとりもちもちとした食感や風味が失われてしまいます。 パトローネ種の酸味と植物性乳酸菌の働きで微生物の発生も抑えられるため、 風味を損わず、おいしくて長持ちするパンができあがるのだそうです。 イタリアではクリスマスが近くなると、このパネトーネ種で作ったお菓子『パネトーネ』がお店に並びます。 パネトーネ種の酵母をゆっくり発酵させた生地に、レーズン、プラムなどのドライフルーツを混ぜ込んで焼き上げます。 昔は各家庭で手作りしていましたが、現在ではお店で購入するようになってきているようです。 清潔な工場、明るい従業員の方々 工場内はとても衛生管理が行き届いており、清潔に保たれていました。 焼き上げられたパンは、クリーンルームで冷却されてから袋詰めされていきます。 従業員さんも、みんな規律正しく明るくてきぱきされており、 整理整頓もきっちりと行われ、安心安全、信頼のおける現場の印象を受けました。 ...
001-1 『芋けんぴと焼酎はライバル関係にある』~愛菓子案内人 VOL001
今回の『愛菓子案内人』は、芋けんぴの製造会社さんの話です。 芋けんぴと焼酎。どちらも薩摩イモを使って作られているということくらいは、みなさんご存知だと思いますが、種類によっては焼酎メーカーさんと取り合いになってしまうのだそうです。 芋けんぴの原料は「赤いも」と呼ばれる鳴門金時(なるときんとき)がよく使われます。 鳴門金時は、蒸かしたり電子レンジで温めて食べますよね。 芋ケンピの製造過程は、皮をむいて細く裁断したものを油で揚げて冷蔵庫で2℃くらいで大量に保管しておく工程がひとつ、そして、小出しに取り出してもう一度揚げて砂糖をまぶして出荷する二つの工程があります。 この鳴門金時(なるときんとき)と、白いもと呼ばれる黄金千貫(こがねせんがん)も使われ、小金千貫は、鳴門金時のように蒸かして食べることはできませんが、焼酎の原料として使われる芋です。 焼酎は南九州で飲まれていたお酒ですが、体によいということで全国区になってきたことと、芋農家さんは焼酎屋さんのほうが高く買ってくれるので、焼酎屋さんばかりに売って、芋けんぴ屋さんは材料の確保に大変苦労しています。 焼酎屋さん、芋けんぴ屋さんをいじめんとって・・・。 昔から黄金千貫は芋焼酎の原料用として栽培されていて、皮は白く中はほんのりと淡い黄色をしているもので、 市販もされず食用にはされてきませんでしたが、甘みが強くコクのある味わいで名前の通り「黄金」を「千貫」積むほどの価値があると言われています。 ぜひ「赤いも」「白いも」の食べ比べとしてお店に並べてみてください。 お問い合わせはこちらから!

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6622-6551 平日8:30~17:30(土・日・祝日除く)

  • 日本語
  • English
  • 中文

展示会情報

正氣屋主催の展示商談会を毎年2回開催しています
年間スケジュールはこちら

正気屋インスタグラム

PAGETOP
Copyright © 菓子卸 正気屋製菓株式会社 All Rights Reserved.
Powered by OMY-Planning