今回の『愛菓子案内人』は、“長崎カステラ”のお話です。有名な“長崎カステラ”はどのように作られているのでしょうか?


“長崎カステラ”の作り方には2つの方法があります。

まず1つ目は、ベルトコンベヤーごと焼くというもの。

木枠に小麦粉と卵などの原料液を注ぎいれ、ベルトコンベヤーに載せた状態で焼いていきます。
これは、常に外気にさらされているので水分が飛びます。

013-01一方、パンを焼くようにオーブンに入れて焼くというのがもう1つの方法です。
これだとしっとり感が高くなります。

有名なカステラメーカーの福砂屋さんのカステラはハイレベルできめが細かいです。
また、底にザラメが敷いてあるので重みも出てずっしりしているのが特徴です。

これまでは長崎で作られてなくても、“長崎カステラ”は市場に出回っていましたが、今年から地域ブランドとして登録されたので、これからは長崎で作ったカステラでないと“長崎カステラ”とはいえないことになるかもしれません。

高級なお菓子の代表格「カステラ」。

300~500円台のカットものから、一本2千円以上の高級品までさまざまありますが、安くてもしっとりとしておいしいものもあり、高くてもそれほど・・というものも少なくありません。

「長崎カステラ」の地域団体商標登録は、地域名産品の品質を守ることでブランド価値の向上を図る好事例としてマスコミなどでも話題になりました。

「長崎カステラ」と言えるのは長崎県菓子工業組合に認証登録されたものだけになり、認証制度に合格したメーカーには認証ポスターや商品に貼るシールを配布して、ニセモノ防止を進めているとのことです。

品質が一定以上でないと認証されず、「長崎カステラ」の名前を使ってはいけないということですので、購入する側も安心して選びやすくなりました。

長崎カステラの他にも「京あられ」「草加せんべい」「小城ようかん」などが登録され、地域ブランド化はどんどん進んでいます。

お問い合わせはこちらから!

菓子卸の正氣屋製菓(まさきやせいか)では、日本各地を足で探して集めた地域限定菓子のみ、約800社30,000アイテム以上を取りそろえております。
地方菓子の専門卸としては、国内最大級の品ぞろえです。

日本全国どこでも営業マンがお伺いして、食品卸様、スーパー様、小売店様のさまざまなご要望に合わせてご提案をさせていただいております。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

※各商品のご注文最小ロットは200ピースからでお願いしております。
 (The minimum lot you order is 200pieces)

会社名・屋号(必須)/Company name(required) /公司名称(必须)

ご担当者名 (必須) /your-name(required) /您的姓名(必须)

お電話番号(必須)/TEL (required) /电话(必须)

メールアドレス /Email /邮件

 ご注文/order/订单 ご相談/Consultation/ 次讯 ご意見/Opinion/意见 展示会に関して/Terms of exhibition/展会相关 その他/Other/其他

お問い合わせ / comment/内容问询

入力確認OK?/check