今回の『愛菓子案内人』は、そばぼうろの話です。 

ぼうろと聞いて、「乳ボーロ」「たまごボーロ」「ミルクボーロ」「衛生ボーロ」「ベビーボーロ」など、まん丸な小さな粒を想像される方も多いと思います。

サクッとした食感と口の中で溶けて広がるやわらかな甘さで、離乳食としても人気のお菓子ですね。

今回ご紹介するのはクッキーのように丸く平たい佐賀の「丸ぼうろ」、そして京土産の定番として知られ、花形が特徴的な「そばぼうろ」。

南蛮貿易で16世紀に日本に伝来したものが、銘菓として定着した元祖「ぼうろ」です。


これは京都でよく作られている「そばぼうろ」と言います

そばぼうろの「ぼうろ」というのはポルトガル語で「お菓子」の意味です。

佐賀の「丸ぼうろ」というお菓子があるんですけれども、南蛮渡来で日本に伝来してきたとき、丸いポルトガルのお菓子ということで、丸ぼうろ。
それが京都に入ってそばぼうろ、となっております。

そばぼうろこのそばぼうろっていうのは小麦粉と卵を型に入れて焼いております。

型も多分二つ位しかないと思います。大きな型と小さな型の二つですね。

味はそばぼうろ屋さんの中で若干の差はありますが、ほとんど同じと思って頂いても良いかと思います。

このそばぼうろメーカーさんはそばぼうろだけしか作っていません。

これだけでお菓子屋さんやっているんですよ?

他の例えばかりんとう屋さんは野菜かりんとう作ったり、白かりんとう作ったりで色々な試行錯誤しているのに。
そばぼうろ屋さんはそばぼうろだけ力を入れているという。

もう素晴らしいですよね。

まさに一球入魂の商品。
ひとつの味を守り続けるというのは、歴史と伝統の町 京都の気風を感じますね。

それだけで経営が成り立つというのも、国内や海外からの多くの観光客が京みやげの定番として購入されることや、地元の方々も、ずっと変わらない味として愛しているということなんでしょうね。

最近では海外のお客様が日本の地方文化を求めて、有名な観光地でないところへ出向いたり、日本ならではの昔からの風景を楽しんだりと、ニッチな観光を楽しむ傾向になってきました。

地元ではあたりまえのものでも、海外の観光客にとっては非常に興味深く、目新しいものばかり。

日本の良さを外国人から教えられる機会も増えて、日本の地方の良さが改めて見直されてきています。

貴店で地方特産品のイベントなどをされる時、その地方で愛されているお菓子も並べてください。お客様の笑顔が広がります。

お菓子は人を笑顔にする万国共通の最強アイテムです。

お問い合わせはこちらから!

菓子卸の正氣屋製菓(まさきやせいか)では、日本各地を足で探して集めた地域限定菓子のみ、約800社30,000アイテム以上を取りそろえております。
地方菓子の専門卸としては、国内最大級の品ぞろえです。

日本全国どこでも営業マンがお伺いして、食品卸様、スーパー様、小売店様のさまざまなご要望に合わせてご提案をさせていただいております。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

※各商品のご注文最小ロットは200ピースからでお願いしております。
 (The minimum lot you order is 200pieces)

会社名・屋号(必須)/Company name(required) /公司名称(必须)

ご担当者名 (必須) /your-name(required) /您的姓名(必须)

お電話番号(必須)/TEL (required) /电话(必须)

メールアドレス /Email /邮件

 ご注文/order/订单 ご相談/Consultation/ 次讯 ご意見/Opinion/意见 展示会に関して/Terms of exhibition/展会相关 その他/Other/其他

お問い合わせ / comment/内容问询

入力確認OK?/check

よくあるご質問

Q:取引開始までの流れを教えてください。
A:お問い合わせをいただいた後、各エリアの担当営業がメール・お電話などでご連絡させていただき、当月または翌月に御社にお伺いしてお取引条件やご提案を差し上げます。

Q:発注単位(ロット)はどのくらいから可能ですか?
A:ご発注は1商品200ピース(20入x10箱等)程度からでお願いしております。

Q:このお菓子がどこで販売されているか教えてください。
A:弊社は元卸でございまして、主に食品卸様を経由してスーパー様や小売店様に配荷されるため、大変申し訳ございませんが、どこで販売されているかについてはわからず、お答えすることができません。

Q:個人で購入はできますか?
A:弊社は個人様向けの販売は行っておりません。