今回の『愛菓子案内人』は、天津甘栗の話です。 

ホクホクとした食感と、栗本来の自然の甘みで長年人気の商品。

硬い皮を自分で剥く焼き栗は、皮がクルリと剥けるのと剥けないのがあったり、手が黒くなってしまうのが難点ですが、現在は皮を剥いてあってそのまま食べれるものが主流になってきました。

天津甘栗の名前はよく知っていて、「中国の天津が産地だからじゃないの?」と思われている方が大半だと思いますが、実はそうではありません。

ものすごく大量の天津甘栗を製造するメーカーさん、どうやって皮を剥いているのか、どんな保存方法をしているのか、謎は深まります。

これは中国の剥き栗であります。産地は北京のあたり。

大体日本で言ったら秋田県くらいの緯度です。
それ位の緯度の北京から北もしくは東の山東省という所で採れます。

010-01秋にイガイガになったときに収穫してイガを取ります。

これを炒った後、機械じゃなくて手で剥きます。
中国の女の人が700人くらいダァーと並んでいる所で全部手で剥いていきます。

で、今度は一旦冷凍していきます。

-20℃位で冷凍したやつを保存しておいて、少しずつ小出しにし、100℃で一回、110℃で一回、120℃で一回の三回煮沸しますので安心して食べられます。

剥き栗食べたら甘いでしょ?

これは栗本来の持つ甘さだけなので、砂糖とか水あめとか一切添加しておりません。
本当の自然の甘みが出ている剥き栗であります。

天津甘栗とはなんぞや。

獲れるところは山東省でしたけど、山西省って所でも採れます。
天津港から日本に向いて出ているので天津甘栗という名前です。

優しい味わいが人気の天津甘栗。

中華街やお祭りの夜店で小石と一緒にぐるぐると回って炒られているのを見るとついつい買ってしまいますが、皮が剥かれているのは食べやすいので、食べだすと止まらなくなりますよね。

表面に水あめなどをまぶしているものもありますが、こちらの商品は人工的な甘みを一切加えていないので、小さなお子さんでも安心して食べることができ、性別や年齢を問わず、どなたにも愛されている商品です。

お問い合わせはこちらから!

菓子卸の正氣屋製菓では、日本各地を足で探して集めた地域限定菓子のみ、約800社30,000アイテム以上を取りそろえております。
地方限定の菓子専門卸としては、国内最大級の品ぞろえです。

海外のお菓子メーカー様、卸・販売店様とも取引を行っております。

日本全国どこでも営業マンがお伺いして、食品卸様、スーパー様、小売店様のさまざまなご要望に合わせてご提案をさせていただいておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

※各商品のご注文最小ロットは200ピースからでお願いしております。
 (The minimum lot you order is 200pieces)

会社名・屋号(必須)/Company name(required) /公司名称(必须)

ご担当者名 (必須) /your-name(required) /您的姓名(必须)

お電話番号(必須)/TEL (required) /电话(必须)

メールアドレス /Email /邮件

 ご注文/order/订单 ご相談/Consultation/ 次讯 ご意見/Opinion/意见 展示会に関して/Terms of exhibition/展会相关 その他/Other/其他

お問い合わせ / comment/内容问询

入力確認OK?/check

よくあるご質問

Q:取引開始までの流れを教えてください。
A:お問い合わせをいただいた後、各エリアの担当営業がメール・お電話などでご連絡させていただき、当月または翌月に御社にお伺いしてお取引条件やご提案を差し上げます。

Q:発注単位(ロット)はどのくらいから可能ですか?
A:ご発注は1商品200ピース(20入x10箱等)程度からでお願いしております。

Q:このお菓子がどこで販売されているか教えてください。
A:弊社は元卸でございまして、主に食品卸様を経由してスーパー様や小売店様に配荷されるため、大変申し訳ございませんが、どこで販売されているかについてはわからず、お答えすることができません。

Q:個人で購入はできますか?
A:弊社は個人様向けの販売は行っておりません。